CGパーソナル - 神奈川県・横浜市の個別指導塾

サイト内検索

30点UPコンテスト

30点UPを達成した生徒の声

2017年1月「満点コンテスト」の結果

横浜英和高校 1年 Y・N さん 科目:化学

【学校での取り組み】
学校では、テスト範囲になるワークの箇所を授業の演習の時間に解いたり、解き方が分からないところは先生に質問し、友達と分からないところを共有して教えあったりして勉強していました。また、休み時間にノートをまとめて公式を早めに覚えたりもしました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、化学の授業は受講していませんでしたが、物理の授業のときに習った指数の計算や小数が多く出てくる計算を間違えないための工夫が、化学の計算の中でとても役に立ちました。また、テスト前に先生方がかけてくださる「がんばって!」の言葉がとても励みになりました。
【家庭での取り組み】
家庭では、ワークを何回か繰り返し解くのに加えて、学校推奨の映像授業を見て要点を復習したり、難しいところを理解するようにしていました。少しややこしい計算が多い範囲でもあり、化学反応式も多く出てきたので、前の単元に戻って化学反応式の復習をしてテストに臨みました。

2016年12月「30点UPコンテスト」の結果

今井中学校 3年 D・R さん 科目:理科

【学校での取り組み】
学校では、先生の話をよく聞き、ちょっとしたことでもノートに書くようにしました。また、実験をよく見て印象に残るようにしました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、実際にテストに出そうな問題を多く解き、少しでも分からないところがあればすぐに先生に聞き、苦手なところを自分が理解できるまでやりました。
【家庭での取り組み】
家庭では、学校のワークを隅々までやり、1回解くだけでなく2~3回程度解き、ワークの問題が完璧になるまでやりました。また学校でもらったプリントもワークと同様に2~3回程度解き完璧になるまでやりました。

 

汐見台中学校 3年 H・H さん 科目:国語

【学校での取り組み】
学校では、積極的に授業に参加し、自分の理解度をどんどん深めていきました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、テスト対策プリントをもらって取り組みました。分からないところがあったら解説を見て理解し、一つひとつの問題に対して丁寧に解けたと思います。
【家庭での取り組み】
家庭では、学校のノートや教科書、CGパーソナルで印刷したテキストをやりました。

2016年11月「30点UPコンテスト」の結果

山手学院中学校 3年 S・N さん 科目:社会

【学校での取り組み】
学校では、授業内での板書をしっかりと写し、色分けをして整理したり、先生の話した内容で重要だと思ったことをメモで加えたりし、後で見返したときに分かりやすく思い出しやすいノート作りを心がけました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、社会の授業は受講していないのですが、自習室を最大限利用しました。その時に不明なところがあると、すかさず講師の先生に質問をして1つでも分からないところをなくしていきました。
【家庭での取り組み】
家庭では、テスト勉強に集中することを心がけ、誘惑物である音楽などを遠ざけ勉強しました。ながら勉強をやめました。それにより以前よりしっかり集中ができ、頭で理解しながら勉強に取り組むことができました。

2016年10月「30点UPコンテスト」の結果

追浜高校 2年 M・C さん 科目:数学

【学校での取り組み】
学校では、授業を集中して聞いてノートを取り、演習になった時にしっかりと問題を解きました。自習の時間には出来なかった問題を中心に解きました。友達と教え合って解くと理解しやすかったです。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、出来なかった問題の解説を聞き、テキストの問題で分からないところをなくすようにしました。そして塾に早めに行ける日には、すぐに行って自習室を利用しました。自主学習では、何回もテキストの問題を解いて公式を覚えるようにしました。
【家庭での取り組み】
家庭では、教科書を読んで問題の流れを理解することと、公式を覚えることに集中しました。あまり夜遅くならないようにし、睡眠時間をしっかりとるようにしました。

 

泉が丘中学校 2年 I・S さん 科目:英語

【学校での取り組み】
学校では、ノートをしっかり取り、先生の話で大事なところを聞き逃さないようにしました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、単語の問題を作ってもらったり、ひたすら問題をを解き分からないところを教えてもらったりし、苦手なところをなくす努力をしました。自習室も活用してしっかりと勉強しました。
【家庭での取り組み】
家庭では、1年生の復習から始めて、基本の文法や単語をしっかり覚えました。2年生で習った単語や文法も覚えて、テスト直前には応用問題に取り組みました。ノートをまとめて復習も行いました。

2016年7月「30点UPコンテスト」の結果

日吉中学校 3年 U・T さん 科目:理科

【学校での取り組み】
学校では、問題を解いて分からなかったら先生や友達に聞いて納得がいくまで問題をやりました。授業中に先生が問題を出した際にも、理解できるまで友達に聞き、積極的に授業に参加しました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、ALPの時間に理科で不安なところを先生に教えてもらい、復習を完璧になるまでやりました。過去のテストを100点になるまでやり続けました。そうすることで復習が完璧になりました。
【家庭での取り組み】
家庭では、いつもの3倍ワークをやり、分からなかった問題は印をつけて、次の日に完璧になるまでやりました。それだけでは不安だったので、塾の教科書でも同じ事をしました。過去問は復習をしっかりして細かいところまで覚えました。

2016年6月「30点UPコンテスト」の結果

洋光台第二中学校 2年 K・T さん 科目:理科

【学校での取り組み】
学校では、休み時間を使って資料を読んだり、ワークや先生が配ったプリントを進めていきました。ワークやプリントはできなかった問題を何度も繰り返し行い不明なところは先生に確認して教えてもらいました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、毎日自習に行って学校で購入したワークと塾で購入したワークで試験範囲をしっかり進めていきました。事前準備がしっかりできたと思います。また勉強を進めていくうちにだんだんと理科が好きになっていき、今では一番得意であり好きな科目になりました。
【家庭での取り組み】
家庭では、ワークや学校のプリント、塾の教材に加えて図鑑などを読んで知識を広げました。細かい部分は試験に出ませんが雑学として大変勉強になりました。もっと色々なことを知りたくなりました。

 

横須賀学院中学校 3年 Y・A さん 科目:数学

【学校での取り組み】
学校では、塾で予習した内容を踏まえて授業を聞き、問題を解きました。塾のノートを参考にして問題を解いたり、分からないところは塾のノートを見て確認したりしました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、問題演習中心の授業をしました。学校の授業よりも先生との距離が近く質問しやすいので、分からないところをその場で質問し解決できました。ノートの取り方についても指導があったので、ノートを見やすいように工夫しました。
【家庭での取り組み】
家庭では、塾の宿題を怠らないようにしました。宿題をちゃんとやらなきゃという使命感があったので、必ずするようにしていました。丸付けの際には、どこを間違えたのか必ず分かるようにしていました。

2016年3月「30点UPコンテスト」の結果

横浜女学院高校 1年 O・A さん 科目:数学

【学校での取り組み】
学校では、テスト期間に登校時間を少し早めて、朝は始業前の1時間を数学の時間にしていました。そこで分からないことなどは、授業中に理解したり、休み時間に友達や先生に聞いたりして、1日を有効に使っていました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、早く正確に解くためにどうすれば良いかコツを教えてもらったり、先生に弱点を教えてもらったりしてテストに向けて計画的に範囲を進めました。特に苦手な問題では、類似問題を出してもらい数をこなしました。
【家庭での取り組み】
家庭では、数学はほとんど塾や学校で勉強するので、他の科目の勉強を中心に勉強していました。家では復習のみ行っていました。

 

等々力高校 1年 T・K さん 科目:数学

【学校での取り組み】
学校では、理解するまで問題を何度も解きました。分からないところは印をつけて、塾で質問できるようにしていました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、授業のノートを見返しました。分からないところを質問して解決しました。学校の問題集を教えてもらい、解けるようにしました。予習を進めて、テスト前にはもう一度復習しました。
【家庭での取り組み】
家庭では、公式や要点を紙にまとめました。塾で出された宿題をやるようにしました。テスト前には集中して勉強しました。

2015年12月「30点UPコンテスト」の結果

今宿中学校 3年 I・H さん 科目:数学

【学校での取り組み】
学校では、見やすく分かりやすいノート作りを心がけました。先生が黒板に書いたことだけをノートに書くのではなく、少しでも分からない部分があったら教科書を見たり、先生に聞いたりしたりして、それを自分の言葉に置き換えてから、メモとしてノートに付け加えたり、大事な部分は色ペンを使うなどして工夫しました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、ワークを使って学校の教科書に似た問題を、ストップウォッチを使って時間を意識しながら解くようにしました。授業以外にも、教室内で行われている数学特訓に参加したりと普段より数学にかける時間を増やしてより多くの問題を解くことができた。
【家庭での取り組み】
家庭では、その日学校で学習した単元をワークを使って復習することを習慣づけました。習ったことをその日のうちにきちんと理解できるようにするため、間違えた問題はノートを見返してもう一度確認し、同じミスを繰り返さないように心がけました。

 

上鶴間中学校 2年 I・E さん 科目:社会

【学校での取り組み】
学校では、先生の話をよく聞いて大事だと思った部分に印をつけた。教科書などにある練習問題はたくさん解いて、分からないところは分かるまでひたすら解いた。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、たくさん自習にきて社会の勉強をよりたくさんやるようにした。そして学校で出されたプリントや教科書に載っている練習問題をひたすらやって覚えた。
【家庭での取り組み】
家庭では、ノートまとめをやった。ノートまとめは、先生に提出する用のノートの他に、テスト対策用のノートもやった。そして空いた時間にそのノートを見て確認をした。

2015年11月「30点UPコンテスト」の結果

清泉女学院中学校 1年 K・N さん 科目:数学

【学校での取り組み】
学校では、黒板に書かれたことは全てノートに書きました。その際には、色ペンを使い分けながら、レッドシートで隠せるように工夫して書きました。分からないところは、ノートにメモし授業後に納得するまで質問しました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、学校でその日に習ったことを復習したり、予習をしたりしました。そのほかにも問題をたくさん解きました。特に間違えた問題については、印をつけて確実に解けるように何度かやり直しました。今後もそれを続けていきたいと思います。
【家庭での取り組み】
家庭では、解き方は分かるが間違えたところには△を、全く分からなかったところには×をつけて、問題をもう一度解き、さらに間違えた問題にも同じく印をつけ、問題を解くことを繰り返しました。そのほかにも、学校の宿題は必ず取り組みました。ある休日には、朝5時におきて自学をしました。

 

関東学院中学校 1年 H・Y さん 科目:国語文法

【学校での取り組み】
学校では、朝早くから学校に行って勉強をし、試験範囲を何度も見直しました。放課後は試験範囲の解きなおしなどを試験3週間前に取り組みました。また試験当日には、見直しや解き直しを何度も繰り返し、完璧な状態で問題を解きました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、分からないところを詳しく聞き、どんな問題が出るかを考え、出そうな問題を集中的に取り組み、細かいミスや自分の弱点克服に徹底的に取り組みました。
【家庭での取り組み】
家庭では、難しいところや塾で教えてもらったところなどを解き、親に問題を出してもらい、自分で解いて答え合わせをし、どんな問題にも余裕をもって解けるように頑張りました。暇があればテキストを読んだりしました。

2015年10月「30点UPコンテスト」の結果

函領白百合学園中学校 3年 K・T さん 科目:数学

【学校での取り組み】
学校では、授業の中でできるだけ理解できるように、1つひとつの授業に集中しました。ノートなどの取り方も気をつけ、ポイントなどは板書以外も書くようにしました。宿題になったところは、必ず取り組みました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、学校終わりに寄って、授業で分からなかったところを先生に質問したりと、分からないところはその日のうちに解決するよう心がけました。
【家庭での取り組み】
家庭では、まず1日1回朝に計算問題を解くようにしました。ただ解くだけでなく、時間を計り、記録しながらするようにしたので、本番時間がない!と焦ることは今回ありませんでした。

 

小田中学校 3年 G・T さん 科目:社会

【学校での取り組み】
学校では、先生の授業中の話や授業後に質問に行き、情報をしっかり集めました。また、友達からノートを見せてもらったりして、聞き漏らした所がないか確認もしました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、授業内で先生がホワイトボードにまとめてくれたことをしっかり理解しながらノートに清書しました。また、学校で不明であった点や漏れている点を自分なりにまとめ 、授業や自習で質問しました。
【家庭での取り組み】
家庭では、学校や塾で習った内容をしっかりノートに整理して、テスト単元の内容を知識として暗記しました。ワークも活用して問題を解くようにしました。また、足りないと思ったら、塾で教材を見せてもらい類題を解くようにしました。

2015年9月「30点UPコンテスト」の結果

神明中学校 3年 F・M さん 科目:社会

【学校での取り組み】
学校では、たくさん挙手・発言をして授業に積極的に取り組みました。分からないところは、先生に聞きまくりました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、夏期講習で社会をたくさん受けて、分からないところは必ず聞きました。
【家庭での取り組み】
家庭では、何度も同じ事を振り返りました。暗記ノートを作って頑張りました。

2015年7月「30点UPコンテスト」の結果

保土ヶ谷中学校 3年 K・S さん 科目:数学

【学校での取り組み】
学校では、授業を復習の場として大切にしています。学校の宿題や問題集を沢山解きました。 他には先生からのポイントやアドバイス、押さえておきたいことなどをノートに書いて知識として役立たせています。 そのノートはノート提出でも役に立っています。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、授業の内容は早く進みませんが、でもちゃんと理解して進んでいます。わからないところなどはわかるまで何度も聞いたりいろんな応用問題を解いたりしました。
【家庭での取り組み】
家庭では、CGパーソナルでもらった問題を解いています。自習に行ってもらったプリントなどを家庭で何度も解きました。CGパーソナルの授業での宿題(問題集など)をタイムを計って解いたりして、計算スピードを高めています。

村岡中学校 3年 H・Nさん 科目:英語

【学校での取り組み】
学校では、1回1回の授業を大切に、集中して取り組みました。 読めない単語や英文をなくせるように、先生の発音をよく聞いて覚えました。また、授業中に先生が「大切だよ!」といっていたところなどはメモをして家庭での学習に生かしました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、宿題で間違えたところ、学校で分からなかったところなど、たくさん質問しました。そのたびにわかりやすく解説してくれたので、「英語が好き」という気持ちで授業を受けれました。毎回の授業の初めの確認テストで満点が取れるように復習をたくさんしました。
【家庭での取り組み】
家庭では、とにかくたくさん書いて覚えました。学校でもらったプリントの内容は全部覚えられるくらいぶつぶつ英文を唱えながら書いて、絶対に間違えないようにしました。大切な文法などは大きな紙に書いて壁に貼ったり、塾のテキストを何回も何回も解いて完璧にしました!

2015年6月「30点UPコンテスト」の結果

横浜創英高校 3年 F・H さん 科目:社会

【学校での取り組み】
学校では、先生の話をよく聞き、黒板に書いていなくても話の中で大切だと思ったところは必ずノートにとっていました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、授業中はわからないところをしっかりと聞き、わからないところをなくすようにしました。また、授業以外でも先生に質問をしたり、おすすめのワークを借りたり、ノートを見てもらったりしました。
【家庭での取り組み】
家庭では、学校で使っている教科書を読み、流れを理解してから問題を解くという勉強法にかえ、勉強しました。

本宿中学校 3年 Y・Yさん 科目:国語

【学校での取り組み】
学校では、授業に集中することとノートを詳しくとることを意識しました。先生が話しことなどがテストに出やすいので、ノートの端っこに書き留めておくようにしました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、学校の教科書や授業ノートとあわせて塾でもらったワークを使って学校で学んだことの復習を進めました。塾で勉強している科目と同じようにテスト準備を進めました。
【家庭での取り組み】
家庭では、漢字のわからないものに絞って練習しました。また教科書の大事なところに線をひいて音読しました。ワークは1回では理解しきれないので、2~3回解いて同じ問題が出たら確実に解けるようにしました。

2015年3月「30点UPコンテスト」の結果

保土ヶ谷中学校 2年 E・A さん 科目:数学

【学校での取り組み】
学校では、授業に集中して取り組み、積極的に発言したりして、わからない問題をなくす努力をしました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、過去問を解いたり、テキストの問題を解いたりしていました。また、塾に自習に行ったりして、いろんな先生に問題の解き方やわからないところを細かく説明してもらったおかげで、点数が上がったと思います。
【家庭での取り組み】
家庭では、学校や塾でもらったプリントをひたすら解いて、いろんな問題を解けるようにしました。

横浜南陵高校 1年 K・Hさん 科目:理科

【学校での取り組み】
学校では、テスト範囲が発表されていたので、その範囲のワークをひたすら解きました。最初は公式が覚えられず大変でしたが、まずは公式を見ながら解いていって、体で覚えたという感じです。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、演習をひたすら解き、どの問題にどの公式を入れるかを学びました。わからない部分はそのままにしておかず、徹底して質問して、解きました。
【家庭での取り組み】
家庭では、ひたすらワークの繰り返しでした。わからないところは、答えの解説を見て自分で理解しました。今思うと、この「自分で調べて理解する」というのが、一番結果につながったと思います。

2015年1月「30点UPコンテスト」の結果

洋光台第一中学校 2年 H・R さん 科目:社会

【学校での取り組み】
学校では、先生の話をしっかりと聞き、板書をていねいに授業中にまとめる感じでノートに写しました。また、まとめたノートを見ながら先生が授業中に質問をしたときは、臆せず積極的に発言しました。発言することで、暗記が上手くできたと思います。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、授業以外にも通い自習をしました。その際、学校のワークや塾で購入したテキストを活用し、学校でまとめたノートを参考にしながら暗記をしていきました。
もちろんわからないことは調べた上で、積極的に先生に質問を行い自分で理解できるように努力しました。
【家庭での取り組み】
家庭では、自分で塾や学校のHWとテキストをノートに何回も解き直しました。完璧にやりきるために、朝の5時半に起きて暗記箇所を隠し、問題内容や解答を口にしながら勉強していました。

洋光台第二中学校 3年 M・Kさん 科目:国語

【学校での取り組み】
学校では、授業に集中することを心がけ、休み時間に漢字の練習をしました。
とくに毎週行う漢字テストでは満点を目指して頑張ったので、定期テストの漢字に役立ちました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、塾で購入した国語のワークを繰り返し解きました。
いつも学校のワークだけで時間切れになってしまいますが、今回は計画的に解くことができました。
【家庭での取り組み】
家庭では、文章を暗記してしまうほど、ただひたすらに教科書を読みました。何度も読んだので、読解問題で点数が取れました。読むという基本的なことの重要さを実感しました。

 

2014年 30点アップコンテスト
資料請求 無料体験 教室検索

資料請求

無料体験

ページの先頭へ戻る