CGパーソナル - 神奈川県・横浜市の個別指導塾

30点UPコンテスト 2014

30点UPを達成した生徒の声

2014年12月「30点UPコンテスト」の結果

浜中学校 2年 Y・S さん 科目:理科

【学校での取り組み】
学校では、先生の話をよく聞きノートを自分なりにわかりやすくまとめました。 ノートはあとから見直せるように丁寧に書くことを心がけました。 そのノートを元に復習を繰り返し、塾での宿題を解くときに活用しました。課題や宿題などをしっかり提出しました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、出された宿題をしっかりやり、わからないところは積極的に質問しました。普段は英語と数学の2科目を取っているのですが、テスト対策として理科と社会を追加して受講しました。
授業もテスト直前ではなく、復習できるように2週間くらい前に受けたので余裕を持って復習することができました。
【家庭での取り組み】
家庭では、もらったプリントを何回も解き、塾で出された宿題を100%実行しました。追加した授業もあってスケジュールがいっぱいいっぱいで大変だったけれど、なんとかこなすことができました。

松陽高校 1年 K・Nさん 科目:理科

【学校での取り組み】
学校では、授業をまず第一に考え、習ったことをその日のうちに理解して帰れるように努めました。テストに出ることの大部分は授業中に行ったことなので、日々復習、ときには予習もしました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、できなかった問題を何度も何度もできるようになるまで解き直し、先生にポイントや考え方を教えていただきました。一人だと見落としがちなミスを拾い上げてくださることはとても貴重です。
【家庭での取り組み】
家庭では、外で学んだことが自分のものになって吸収できているか、ノートを見直したり、声に出して自分で説明できるかなどの確認をしました。

2014年11月「30点UPコンテスト」の結果

東林中学校 3年 K・M さん 科目:英語

【学校での取り組み】
学校では、先生の言うことを聞き、黒板に書いてあることなどを写し、ノートに写した文法を覚えました。また、ワークシートの裏にある穴埋めの単語を覚えました。
【塾での取り組み】
CGハイブリッドでは、自習に行き、テスト範囲の英語のワークをやりました。ワークを解くときには板書したことを思い出し、単語や文法に注意しながら解きました。
【家庭での取り組み】
家庭では、塾で出された宿題を宿題兼試験範囲として解きました。また、テスト範囲の単語やその単語の意味など覚えました。

上鶴間中学校 1年 S・Hさん 科目:社会

【学校での取り組み】
学校では、覚えなければいけない単語等はその場で覚えてしまうようにしました。ビデオを見る時間は、学校のそのときしか見ることができないので、メモを取りながら、しっかりと頭に入るようにしました。
【塾での取り組み】
CGハイブリッドでは、2週間前の自習の時間にノートまとめを行ったあと、もらったプリントをスラスラ解けるようにノートに何度も解き直しを積み重ねました。
【家庭での取り組み】
家庭では、テスト対策の参考書をつかったり、問題に慣れることをしたり、学校のノートを見て大事なところだけを抜き出して書くテストノートを作ったりしました。

2014年10月「30点UPコンテスト」の結果

横浜高校 2年 T・M さん 科目:理科

【学校での取り組み】
学校では、授業の時積極的に質問をして理解できなかったら職員室に行き、先生に個別に聞きに行くようにしました。わからないものはテスト前に全てなくしています。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、学校で質問してもわからなかったことを塾の先生に質問して、解説してもらうことで理解できました。
【家庭での取り組み】
家庭では、塾・学校で聞いたことを生かしてひたすら練習問題や応用問題を何度も解き、わかるまで問題を解きました。

北の台中学校 3年 A・Yさん 科目:社会

【学校での取り組み】
学校では、先生のいっていることをよく聞いて、ノートに詳しく書き込んで暇な時にノートを確認していました。
たまに友達と問題を出し合ったりして覚えてもいました。
【塾での取り組み】
CGハイブリッドでは、先生にテストに出そうな問題プリントをもらって解いたり、ノートを読み直したりしていました。
【家庭での取り組み】
家庭では、社会の先生からもらったプリントを何回も書いて覚えました。とくに間違えたところや例文などを解く勉強しました。

2014年9月「30点UPコンテスト」の結果

清泉女学院中学 2年 T・M さん 科目:数学

【学校での取り組み】
学校では、とにかく先生の話をきちんと聞いて自分で証明を書けるようにするために、考えても分からないときは常に先生に教えてもらいました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、ずっと証明をやってきたので、さすがに自分で解けるようにするためにまずは自力で考えてわからない・できないところは先生に細かく教えてもらいました。
【家庭での取り組み】
家庭では、学校は塾で教えてもらったことをきりんと着実にやり直して、例題や考え方が書いてある教科書を何度も何度も見直しました。

西高津中学校 2年 M・Mさん 科目:英語

【学校での取り組み】
学校では、授業に集中して取り組み、わからないところは先生に質問しました。漢字は覚えられるまで練習をして、最後には自分でテストを作って解きました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、問題集を使って苦手な文法を中心にひたすら解きました。
自習とALPを使ってわからないところをなくしました。ワークを使って言葉の意味を理解できるようにしました。
【家庭での取り組み】
家庭では、繰り返し問題を解きテストに出そうなところを重点的に勉強しました。暗礁はひたすら声に出して読みました。テスト前日には教科書を読んだり、漢字を見直したりと最終確認をしました。

2014年7月「30点UPコンテスト」の結果

荏田高校 2年 S・R さん 科目:英語

【学校での取り組み】
学校では、先生の話をしっかり聞き、授業でもらったプリントの大切だと思うところに線を引き、授業後5分ほど復習しました。
分からないところは教科書を読んで、理解したり友達や先生に聞いたりと理解する努力をしました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、授業で学校のワークを何回も解いて、足りない分は自習時間を利用して学校のワークを何回も解きました。
正答数が増えてきたら塾で使っている教材を使ってどんな形式で出題されても解答できるようにしました。
【家庭での取り組み】
家庭では、教科書の範囲をひたすら解いて定着させました。正答数が少ないときは塾の先生からもらった中3のテキストを解いて文法と基礎を復習してから解き直して正答率を上げました。

橘学苑高校 3年 K・J さん 科目:社会

【学校での取り組み】
学校では、板書以外にも先生が説明している重要なところをメモし、授業内で内容をなるべく理解しようと努力していきました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、学校の教科書とノートを使い、講師の先生にテスト範囲のオリジナル問題を作ってもらい、その問題を中心にテスト勉強をしていきました。問題を作ってもらいながらその部分の解説をしてもらい、内容理解をしつつ暗記することができたので、自信を持ってテストを受けることができました。
【家庭での取り組み】
家庭では、テスト前日にCGパーソナルで作ってもらった問題を5回以上解き暗記していきました。CGパーソナルで説明してもらった内容を思い出しながら問題を解いていったので、内容理解をしながら暗記ができました。

資料請求 無料体験 教室検索

資料請求

無料体験

ページの先頭へ戻る