CGパーソナル - 神奈川県・横浜市の個別指導塾

満点コンテスト 2015

満点を勝ち取った生徒の声

2015年12月「満点コンテスト」の結果

大和東高校 3年 S・Y さん 科目:社会

【学校での取り組み】
学校では、プリントを埋めることと、教科書をよく読んで授業中に全て理解できるようにしていました。先生の話で必要だと思ったことはメモして、印象に残すようにしました。特にテスト対策プリントは完璧に解けるようにしました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、学校でもらったプリントを暗記して、テストに向けて勉強をしました。受験勉強の方が優先だったので、なるべく時間をかけずに大切なところだけを効率よく暗記するように努力しました。
【家庭での取り組み】
家庭では、受験勉強に支障が出ない程度に勉強をしました。ノートをまとめていると時間がかかってしまうので、授業でもらったプリントをコピーして修正テープで文字を隠して暗記をしていました。声に出したり、書いたりすることで、暗記は苦手なのですが覚えられるよう努力しました。

並木中学校 2年 K・Mさん 科目:社会

【学校での取り組み】
学校では、自分で考えたことを書くときには、今まで習ってきたことを思い出しながら考えて書きました。先生が黒板に書かなかったけれど、大切だろうなと思った語句は、ノートやプリントに書いておきました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、もらったプリントをしっかり解きました。分からないものは先生に質問をしました。
【家庭での取り組み】
家庭では、授業用とは別のノートに重要な語句や人物の名前やその説明をまとめました。都道府県はあやふやなところがあったので、白地図に書いたり地図を見たりしました。

2015年11月「満点コンテスト」の結果

座間市立南中学校 2年 O・M さん 科目:国語

【学校での取り組み】
学校では、授業を集中して受けた。先生に「テストに出る」と言われたところをメモして、家で確認できるようにした。テスト前の朝、自習する時間があったので、自習に行き、分からないところを聞いて苦手をなくすようにした。文章で答える問題は、先生に答え合わせをしてもらい、おかしい表現がないかを見てもらった。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、ハイパーテスト対策に行き、90分集中して勉強をした。苦手な単元のプリントをもらい何度も解いて分からないところをなくすようにした。また、塾の先生に分からないところを質問して、分かるようにした。
【家庭での取り組み】
家庭では、先生が「テストに出る」と言ったところを正確に覚えて、範囲になっている教科書のページを何度も読んで内容を理解した。漢字は日ごろからコツコツと覚えて、テスト前に急いで覚えなくて済むようにした。ノートや教科書を何度も見直して、授業でやったことをしっかり覚えるようにした。

山手学院中学校 2年 A・Rさん 科目:英語

【学校での取り組み】
学校では、しっかりと聞くことに重点をおき、ノートを後から見て分かるようにできる限りきれいにとることを意識しました。授業でのディクテーションは、分からなくてもとにかく書けるよう努力しました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、中学受験の頃からずっと通い、継続してきました。深い内容の授業を中心に、復習もしました。特に苦手な範囲は、何度も繰り返して定着させるようにしました。テストの2週間前から重要点を習うなど計画を立てました。
【家庭での取り組み】
家庭では、復習を中心に行いました。授業中に書いたノートを見返したり、分からないところは教科書等を参考に整理したりしました。自分の不安な範囲などは力を入れて取り組みました。

2015年10月「満点コンテスト」の結果

藤の木中学校 1年 G・D さん 科目:英語

【学校での取り組み】
学校では、黒板に書かれていることを写すだけでなく、先生の話を集中して聞き、ノートにしっかりとるように心がけました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、塾のテキストを1度解いてできただけで満足するのではなく、何回も繰り返し解くようにしました。また、だらだら解かず時間を意識して問題演習するようにしました。夏休みは学校の宿題や塾で大変でしたが、計画的にやりました。
【家庭での取り組み】
家庭では、学校のワーク、プリントを繰り返し解くようにしました。できた問題もテスト前に何度も見直しをするように心がけました。

奈良中学校 2年 N・Rさん 科目:理科

【学校での取り組み】
学校では、先生が学校の問題集は全て解説をしてくれるので、間違えた問題は必ずメモをとって、問題の解き方をしっかり理解できるようにしました。また、実験では準備や観察などの役割を班で一番にやって、積極的にその実験への理解を深めるように努力しました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、たくさんの教材を使い、とくにあまり得意ではなかった物理の計算を重点的に行い、単位、計算の仕方を意識して取り組みました。過去問や応用問題にも積極的に手をつけて、力をつけていきました。
【家庭での取り組み】
家庭では、「その日に習ったことは、その日のうちに完璧にする」という目標で、家に帰った後復習の時間を設け、学校の教材やプリントを解いたり、再度ノートにまとめたりする時間にした。特に重要な用語に関しては、後回しにするとたくさんたまってしまうので、復習のときに必ず覚えるようにしていました。

2015年9月「満点コンテスト」の結果

汐見台中学校 1年 W・T さん 科目:数学

【学校での取り組み】
学校では、先生がどのあたりを出題するかを授業で教えてくれるので、聞きのがさずにメモをしていました。また効率よく解く方法も覚えておきました。ノートを見直したときに、このメモがあったので、効率よく勉強することができました。このメモは、CGパーソナルで教わったことなので、とても助かりました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、数学の勉強を先取りしていました。そのため今回のテストは、とても簡単に解くことができました。また、中間試験前にどこに注意して文章を読むのかを教えてもらっていたので、当日の文章題のミスを無くすことができました。
【家庭での取り組み】
家庭では、学校で配られたワークやノートの見直し、塾でもらった昨年の問題を解いていました。昨年の問題で、大体の出題方法が分かり、それをもとにして勉強することができました。

野比中学校 1年 K・N さん 科目:理科

【学校での取り組み】
学校では、全てのポイント、解説をノートにメモし、それを理解してから問題を解くようにしました。計算中の途中式、筆算なども残し、間違えてしまったとき、「どこでどうまちがえたのか」がはっきり分かるようにもしました。そして、もう一度問題を解き、間違いをそのままにしないようにしました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、学校や宿題で分からないところを中心に、基本の問題への慣れ、そして応用問題も解けるよう幅広い問題を解きました。間違えてしまった問題一つひとつの解説もメモをとり、学校で分からなかったところも理解できるようにしました。その後、時間制限のあるテストで全問解けるよう、タイムも計りました。
【家庭での取り組み】
家庭では、少しでも計算ミスが減らせるよう、練習問題を一番多く解きました。CGパーソナルで習ったところも復習として解きなおし、ノートのまとめなおしなども行いました。解きなおしの問題は、できるだけミスのないように何度か解き、同じ問題も絶対に間違えないようにしました。

2015年8月「満点コンテスト」の結果

大和東高校 3年 S・Y さん 科目:社会

【学校での取り組み】
学校では、授業でもらったプリントをしっかり埋めて、話していた内容で大切だと思うことはメモをしました。授業中に、テストで出るところをよく言っていたので、話をしっかり聞くようにしました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、自習に行って、授業で遣り残したところがないか見直したり、課題をやったりしていました。
【家庭での取り組み】
家庭では、授業でやったプリントと教科書を見直してノートにまとめて、それを覚えるようにしました。わかりやすくまとめて、それを提出すれば授業点にもなるし、テスト勉強にもなって一石二鳥だと思いました。

今宿中学校 2年 K・H さん 科目:理科

【学校での取り組み】
学校では、積極的に発言をし、物事を理解したり、ノートを見やすくまとめ、復習のときにすぐ大切なところを区別できるようにしました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、学校の教科書・ノート・塾でもらったiワークを使ってテスト勉強をしました。テストの前に問題を解く練習をすることで、頭を整理することができました。
ケアレスミスをなくすために、見直しをしました。
【家庭での取り組み】
家庭では、問題集を何回も取り組んだり、教科書やノートの大切な部分を自分なりにまとめたテスト用ノートを作り、テスト前日に見て、自信をつけることができました。

2015年7月「満点コンテスト」の結果

川崎総合科学高校 2年 H・M さん 科目:数学

【学校での取り組み】
学校では、ちゃんと聞いて、先生の話に乗り遅れないことを毎日心がけていました。授業の最後の時間に、今日取り組んだ単元の練習問題があり、もしわからない問題があれば後回しにせず進んで質問していました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、昨年数学をとっていたのですが、授業以外にもテスト対策や自習で力を伸ばしていきました。わからないところはすぐに聞くことができるので、進んで質問することが大切だと思います。
【家庭での取り組み】
家庭では、同じワークの同じ問題を繰り返し解いていきました。そうすると自分の苦手な分野が見つかりやすく、特に苦手なところを集中して取り組むことができると感じています。特に数学では、このやり方でテスト勉強に励んでいます。

第一中学校 1年 N・R さん 科目:英語

【学校での取り組み】
学校では、先生の話をよく聞き、積極的に授業に参加するように心がけました。また、暇になったときや休み時間に単語の勉強をしていました。少しの時間でも1日1日やっていくとしっかり身についたので、次回もやっていきたいと思います。
【塾での取り組み】
CGハイブリッドでは、先生などに教えてもらった知識をしっかり身につけ、しっかり覚えて使えるように沢山の問題を解きました。塾に行くと自分でも思ってもいないような教材などがたくさんあるので、自習に行ったりしました。
【家庭での取り組み】
家庭では、学校や塾で覚えたことをしっかり思い出して、今日はここを覚えて寝るということをしました。毎日コツコツ覚えると、結構簡単に覚えられました。

2015年6月「満点コンテスト」の結果

カリタス女子中学校 1年 U・R さん 科目:社会

【学校での取り組み】
学校では、先生が大切だと授業中に言ったところは聞きのがさない様に集中してノートにメモをしました。資料集や教科書とノートを一体化させて、テストの前に見直しをきちんとできように毎日準備をするようにしました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、中学受験が終わってからも休まずに復習をしました。中学のはじめのテストで100点をとれるように自習も頑張りました。授業ではテスト2週間前からポイントを習ったり、計画を立てたりしました。
【家庭での取り組み】
家庭では、学校のHWと塾のHWをきちんと取り組みました。また、ノートまとめや問題をたくさん解きました。たくさん解くことで、覚えられていないところがわかったので、直前は集中的に覚えていないところを覚えました。

南が丘中学校 2年 O・M さん 科目:数学

【学校での取り組み】
学校では、ケアレスミスをなくすために小テストを頑張りました。今のところノーミスです。
ノートにポイントを記して、テスト前に見ました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、先生と一緒に計算問題をたくさん解きました。また、1年生の復習もしました。
ケアレスミスをなくすために、見直しをしました。
【家庭での取り組み】
家庭では、ワークをテスト対策授業の始まる前に終わらせて、テスト対策のときに復習できるようにしました。

2015年4月「満点コンテスト」の結果

大和東高校 2年 S・Y さん 科目:理科

【学校での取り組み】
学校では、授業をしっかり聞いて真面目に取り組み、理解が曖昧なところは先生に聞いて完璧にするようにしました。部活があるときにも、休憩時間等に教室で勉強していました。満点を取るのに一番苦労したのはケアレスミスをなくすことで、テストのときはきもち早く解くようにして、答えを問題に書くなどの見直しを3回しました。テストのときやテストの前だけ勉強しても意味がないので、普段の授業をしっかり取り組むことが大切だと感じました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、授業が始まるよりも早く教室に行って自習をしていました。普段はノートにまとめたり、学校の授業で話されていない教科書の内容勉強したりして、テスト前には暗記をするようにしていました。塾だと常に周りに人がいるので、とくに集中できると思いました。
【家庭での取り組み】
家庭では、あまり家にいることはありませんでしたが、学校で習ったことの復習や教科書の内容をまとめたり、問題を解いたりしていました。家にいるとどうしても寝てしまうので、時間を決めたり、飽きたら他の教科をやったりして勉強しました。

2015年3月「満点コンテスト」の結果

保土ヶ谷中学校 1年 A・A さん 科目:英語

【学校での取り組み】
学校では、集中して授業に取り組み、大事なことを聞き逃さないようにしました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、問題演習をし、細部までやることでわからないことをゼロにしてテストを受けられるようにしました。
【家庭での取り組み】
家庭では、日頃から予習・復習に取り組み、テスト前には教科書を読んだり問題演習をしたりして追い込みました。

2015年1月「満点コンテスト」の結果

瀬谷中学校 1年 W・F さん 科目:数学

【学校での取り組み】
学校では、ノートをきれいにまとめ、あとで見たときにポイントが分かりやすいようにしました。苦手なところは理解できるまでワークを解いたり、教科書を読み返したりしました。 授業では、ノートとりばかりに集中しすぎず、先生の話をしっかり聞くようにして、あとでノートをとるように心がけました。書く内容によってペンの色を決めておくと分かりやすいです。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、分からないところがあったら先生に質問をして分からないところがなくなるようにしました。宿題で間違えたところがあったら、解きなおしてして正しい考え方を確認しながら答えを出していました。
【家庭での取り組み】
家庭では、授業で分からないことがあったらその日のうちにノートや教科書を見返して、「分からない」をなくすよう努力しました。ノートの大切なところや練習問題ではないところを線で囲み、見やすいノートを仕上げました。

朋優学院高校  3年 Y・M さん 科目:数学

【学校での取り組み】
学校では、先生の解説をよく聞き、授業で分からないところがあった場合は休み時間に質問しました。
【塾での取り組み】
CGパーソナルでは、自分ひとりで解けない問題の解き方を教えてもらい、その問題と似た問題も解けるようにしました。
【家庭での取り組み】
家庭では、テスト前にテスト範囲を何回も繰り返し演習しました。 わからないところは、参考書を見るなどして自力でできるところまで頑張りました。それでもわからないところは、先生に質問して解決しました。

 

2014年 満点コンテスト
資料請求 無料体験 教室検索

資料請求

無料体験

ページの先頭へ戻る