CGパーソナル - 神奈川県・横浜市の個別指導塾

2016年03月30日
CGパーソナル スタッフNEWS!

こんにちは!CGパーソナルです♪

春の日差しが快く感じられる季節となりました。
いよいよ新しい学校やクラスでの新しい学習生活が始まりますね。

新生活への期待が膨らむ一方で、勉強面や慣れない環境で緊張やストレスを感じるとういう方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

そこで今回は、緊張やストレスを和らげる呼吸法をご紹介しますので、これからの勉強や学校生活に生かしてください。

 

呼吸と心理状態の関係性

人は1日に約2万回呼吸をしており、心と呼吸は深い関係があると言われています。

緊 張や不安などのストレスを感じる時、「息が詰まる」「息苦しい」と感じたことがある方も多いと思います。緊張や不安などのストレスを感じる状況では、呼吸 が速く不安定になり、心臓がドキドキします。反対にリラックスした状態では、呼吸は深くなり、速度はゆっくりと安定した状態になります。そのため、呼吸を コントロールすることで、不安や緊張を和らげることができます。

では、具体的な呼吸法とストレッチをご紹介します。

 

呼吸法

通常の倍ほどの時間をかけ、4秒で吸って6秒で吐きます。その際に、吸っている、吐いているなど呼吸を意識することがポイントです。ゆっくりとした深い呼吸は、リラックスに関係する副交感神経の働きを活性化し、気分を落ち着かせることができます。

一定のリズムの呼吸を繰り返すことで、脳内に「セロトニン」という幸福感を感じる物質が増加し、不安や緊張が抑えられます。

 

ストレッチ

呼吸に関する筋肉をストレッチすることで、深い呼吸をしやすくなります。

まず、息を吸いながら肩を丸め、肩甲骨を広げます。次に、息を吐きながら、肩甲骨を中央に寄せます。その際に、鼻から吸い、口から吐くと深い呼吸がしやすくなります。

回数は1日1回でも徐々に筋肉がほぐれ、深い呼吸をするのに効果的です。

 

(日本経済新聞より)

 

 

いかがでしたか?
いつでも簡単にできる呼吸法を採り入れて、普段の授業だけでなくテスト前などに不安や緊張をうまく取り除き乗り越えましょう!
皆さんの新生活を応援しています!

 



《バックナンバー》
☆ 2016年1月〔風邪予防について〕
☆ 2015年12月〔イルミネーションについて〕
☆ 2015年11月〔紅葉について〕
☆ 2015年10月〔芥川賞と直木賞〕

☆ 2015年9月〔防災対策に役立つ情報〕
☆ 2015年8月〔自由研究にも役立つトピックス〕
☆ 2015年7月〔熱中症について〕
☆ 2015年6月〔梅雨について〕
☆ 2015年5月〔ゴールデンウィークについて〕
☆ 2015年4月〔花粉症について〕

お知らせ一覧へ

資料請求 無料体験 教室検索

資料請求

無料体験

ページの先頭へ戻る