CGパーソナル - 神奈川県・横浜市の個別指導塾

2016年07月20日
CGパーソナル スタッフNEWS!

こんにちは!CGパーソナルです♪
夏真っ盛りですが、皆さん夏バテはしていませんか?
夏休みは、受験生にとっては天王山、受験をしない生徒にとっては成績を伸ばすチャンスです。
しっかり食べて、水分補給も忘れずに、この夏の勉強を乗り切りましょう!!

<今月の特集>夏の野菜について

夏はたくさんの野菜が美味しく食べられる季節です。
今回はその夏野菜について紹介します。

≪夏野菜って・・・?≫

夏の時期に収穫されるものを総称して“夏野菜”と呼んでいます。夏バテにも効果があり、水分を多く含む野菜が多いことが特徴です。
キュウリ、トマト、ナス、ピーマン、とうもろこしが代表的です。
次ではトマトとナスについて紹介します。

≪トマト≫
■主成分:リコピン、ビタミンC、ビタミンB6など
■効果・効能:生活習慣病の予防、疲労回復、便秘予防など
トマトに含まれているリコピンに活性酸素の働きをを減らす強い抗酸化作用があり、生活習慣病の予防に効果があるとされています。
また、酸味のもととなっているクエン酸には食欲増進や、疲労物質である乳酸の代謝を促進させる働きがああるため、夏バテに効果があるともされています。ビタミンCも多く含んでいるため、美肌効果も期待されます。
生野菜としても、加熱をして調理をしても美味しく食べることのできるトマトは栄養たっぷりです。たくさん食べて夏バテを予防しましょう。

≪ナス≫

■主成分:水分、糖質、ナスニン、カルシウム、鉄、カリウム、食物繊維など
■効果・効能:体を冷やす効果、便秘解消、疲れ目解消、高血圧予防、がん予防など
ナスには水分が多く含まれているため、体を冷やす効果があり、夏バテ防止・解消に効果があるとされています。
「秋茄子は嫁に食わすな」という言い伝えがありますが、これは体を冷やす効果が高いナスを妊娠中の女性が食べると体を冷やしすぎてしまうため注意が必要とされていることから来ているものです。
また、ナスに豊富に含まれている食物繊維が便秘を解消してくれる効果があるとされています。
そして、勉強に直結する、「疲れ目の解消」の効果もナスにはあります。
ナスの皮に含まれるナスニンが疲れ目や視力回復に効果があるとされています。
長時間の勉強で目が疲れたときにはナスを食べましょう。

いかがでしたか??
夏野菜には夏ならではの効果があるものがたくさんあります。
好き嫌いせずたくさん食べて、勉強への活力にしましょう!!


《バックナンバー》
☆ 2016年7月〔傘について〕
☆ 2016年6月〔梅について〕

☆ 2016年5月〔母の日の由来〕
☆ 2016年4月〔呼吸と心理状態の関係性〕
☆ 2016年3月〔卒業ソングについて〕
☆ 2016年2月〔朝スッキリ目覚めるための工夫〕

☆ 2016年1月〔風邪予防について〕
☆ 2015年12月〔イルミネーションについて〕
☆ 2015年11月〔紅葉について〕
☆ 2015年10月〔芥川賞と直木賞〕

☆ 2015年9月〔防災対策に役立つ情報〕
☆ 2015年8月〔自由研究にも役立つトピックス〕
☆ 2015年7月〔熱中症について〕
☆ 2015年6月〔梅雨について〕
☆ 2015年5月〔ゴールデンウィークについて〕
☆ 2015年4月〔花粉症について〕

お知らせ一覧へ

資料請求 無料体験 教室検索

資料請求

無料体験

ページの先頭へ戻る