CGパーソナル - 神奈川県・横浜市の個別指導塾

サイト内検索

2017年07月01日
CGパーソナルスタッフNEWS!

こんにちは!CGパーソナルです♪

梅雨明けが待ち遠しいこの今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
学校の勉強や宿題は順調に進んでいますか?これから来る夏の暑い日差しに負けないよう、今から体調管理をしっかり行いましょう!

さて今月は、「6月~7月の旬な野菜と果物」を特集します。

6月~7月に旬を迎える主な野菜

サラダ菜

なす

みつば

ピーマン

唐辛子

いんげん

枝豆

トマト

きゅうり

かぼちゃ

オクラ

アスパラガス

ズッキーニ

とうがん

とうもろこし

にがうり

にら

モロヘイヤ

みょうが

しそ

レタス

にんにく

ししとう

おおば

エリンギ

 

夏の野菜の王様 「モロヘイヤ」 ☆

モロヘイヤはアラビア語で「王様の野菜」という意味です。
これは古代エジプトの王様が病気になったとき、他のどんな薬を飲んでも治らなかったのですが、
モロヘイヤのスープを飲むと治ったという伝説があるそうです。
実際のところは、王様だけでなく、一般の庶民もモロヘイヤを食べていたようです。
現在でも中近東からアフリカ北部の暑い地域で多く食されています。
1980年代ごろから日本でも本格的に栽培されるようになり、
群馬県や、三重県、沖縄県などで多く生産されます。
 

モロヘイヤの栄養はやっぱりすごい! ☆

7月~9月に旬を迎えるモロヘイヤの持っている栄養素について説明します。
100gあたりの栄養素の含有量で、ビタミンB1、B2、C、カロテン(カロチン)、カルシウム、鉄、カリウム、食物繊維のすべてでランキングトップ10に入っており、
全てにランクインしているのがモロヘイヤです。他にもビタミンK、鉄、ルチンも含んでいます。
つまり、毎日モロヘイヤさえ食べておけば、他の野菜は食べなくてもいいと言えるほど圧倒的な栄養を
含んでいるのです。野菜の中でも次いで2位の含有量を誇るカロテン(カロチン)は、抗酸化作用があり、老化防止になります。

近年は「アンチエイジング」という言葉が注目を浴びていますが、モロヘイヤのネバネバはアンチエイジング効果が期待されるルチンという成分が含まれています。
ルチンを含む食材は他にもオクラ、山芋、里芋などがあります。ルチンはその性質から胃を保護して、消化吸収を助けてくれる作用があります。
 

6月~7月に旬を迎える主な果物

アセロラ

アンズ

イチジク

スモモ

グアバ

さくらんぼ

スイカ

パイナップル

びわ

マンゴー

メロン

プルーン

 

スイカは野菜?果物? ☆

すいかは野菜の分類に分けられますが、最近では食後のデザートとして食べたるなど果実として食べる機会が多いので、「果実的野菜」という新しいグループに分けられることがあります。
スイカの他には、メロンや苺が同じグループに入ります。

 

夏といえばスイカ!! ☆

原産はアフリカで、中国より西の方から伝わったウリであるため「西瓜」と呼ばれるようになったそうです。「スイカ」という名前も外来語のひとつのようなもので、中国でのサイクワァから訛ってスイカになったのだそうです。今ではすっかり日本の夏を彩る果物になっていますね。
スイカの多くが熊本県や千葉県、山形県で生産され、その他は特産になるほどではありませんが、
全国各地で生産されています。スイカの旬は6~8月ごろですが、味や見栄えなどを追及して、毎年のように新種が出回り、大玉や小玉など品種によって旬が異なります。

スイカの栄養素はなんだろう? ☆

実はスイカの90%以上が水分です。すごいパーセンテージですね。しかし水分は、体を冷やす作用があるので夏に起こる日射病の予防や解熱などに効果があります。
これは要チェックですね。栄養としては、シトルリン、カリウム、リコピン、βカロテンなどがあります。
シトルリンはアミノ酸の一種で利尿作用の強い成分であり、腎臓病の予防や体のむくみを取る効果があります。
カリウムはナトリウムの排せつを促して血圧を下げる作用があり、リコピンはなんとトマトよりも沢山はいっているのです。

以上です。
旬を迎える食べ物は体調管理にとても効果がありますね!
積極的に取り入れるようにしましょう!

《バックナンバー》
☆ 2017年6月〔カビについて〕
☆ 2017年5月〔こいのぼりについて
☆ 2017年4月〔春の風習(お花見花祭り)について
☆ 2017年3月〔桜前線について〕
☆ 2017年2月〔健康的な食生活と脳の活性化〕
☆ 2017年1月〔七草粥について〕
☆ 2016年12月〔アルコール消毒・保湿の効果〕
☆ 2016年11月〔寒い朝でもスッキリ起きる方法〕
☆ 2016年10月〔体育の日について〕
☆ 2016年9月〔お月見について〕
☆ 2016年8月〔夏の野菜について〕
☆ 2016年7月〔傘について〕
☆ 2016年6月〔梅について〕
☆ 2016年5月〔母の日の由来〕
☆ 2016年4月〔呼吸と心理状態の関係性〕

お知らせ一覧へ戻る

資料請求 無料体験 教室検索

資料請求

無料体験

ページの先頭へ戻る