CGパーソナル - 神奈川県・横浜市の個別指導塾

2018年04月02日
CGパーソナルスタッフNEWS!

こんにちは!CGパーソナルです♪
いよいよ新学年がスタートします。みなさん春休み中の学習は順調でしょうか?
4月から新しい学校やクラスでの生活を実り多きものにしてください☆
今月は皆さんご存知の≪ランドセル≫について特集します。

ランドセルの歴史

江戸時代(幕末)、幕府が洋式軍隊制度(幕府陸軍)を導入する際、将兵の携行物を収納するための装備品として、
オランダからもたらされた背嚢(はいのう、バックパック)のオランダ語呼称「ransel(オランダ語版)」(「ランセル」または「ラヌセル」)がなまって「ランドセル」になったとされ、
幕末の教練書である『歩操新式』の元治元年(1864年)版にも「粮嚢」の文字に「ラントセル」の振り仮名がされている
画像としては一柳斎国孝筆の双六「調練仕方出世寿語禄」に描かれている、韮山笠を被った兵士が背負っている鞄がそれとみられる。
これは昭和前期までの通学用ランドセルに形状がよく似ており、この背嚢がルーツであることが見受けられる。
明治時代以降、本格的な洋式軍隊として建軍された帝国陸軍においても、歩兵など徒歩本分者たる尉官・准士官・見習士官および下士官以下用として革製の背嚢(はいのう)が採用された。

通学鞄としての始まり

通学鞄としての利用は、官立の模範小学校として開校した学習院初等科が起源とされている。
創立間もない1885年(明治18年)、学習院は「教育の場での平等」との理念から馬車・人力車による登校を禁止、学用品を入れ生徒が自分で持ち登校するための通学鞄として背嚢が導入されたが、当初はリュックサックのような形であった。
1887年(明治20年)、当時皇太子であった嘉仁親王(後の大正天皇)の学習院初等科入学の際、伊藤博文が祝い品として帝国陸軍の将校背嚢に倣った鞄を献上、それがきっかけで世間に徐々に浸透して今のような形になったとされる。
贅沢な高級品であった事から戦前は都市部の富裕層の間で用いられる事が多く、地方や一般庶民の間では風呂敷や安価な布製ショルダーバッグ等が主に用いられていた。
ランドセルが全国に普及したのは昭和30年代以降、高度経済成長期を迎えた頃からと言われる。
また、ランドセル側面にあるフックは、昭和30年代に入り、給食袋や体育着袋など生徒の持ち物が増えた事に対応した金具である。

最近のランドセル事情

近年では軽さや丈夫さ、手入れの簡単さなどの要望から、人工皮革のクラリーノ製が主流で、約7割を占めている。
その他牛革、高級なものとしてコードバン(馬革)のものもある。素材デザインについては主流である上ふたがかばんの下まで覆う従来の学習院型以外にも、上ふたが通常の半分程度の長さのものや横型のものも登場している。
また2011年度からの学習指導要領改訂により、教育現場で配布されるプリント類もB5からA4へと移行したため、A4版クリアファイルを曲げずに入れられるランドセルの需要が高まっているが、ランドセルを大型化させるかどうかに関してはメーカーで対応が分かれている。
また、色は男子は黒、女子は赤が主流であるが、その他にピンク・茶・紺・緑・青などカラフルな色のものや、複数の色を組み合わせた物も発売されている。
これら、黒や赤以外のカラーランドセルは1960年頃には既に存在していたが、当時はほとんど普及せず、普及し始めたのは2000年代に入ってからだという。

新入学生に対し交通安全協会等から交通安全を目的とした黄色いカバーを寄贈している地域も多く、
1年生の間はランドセルにこのカバーを掛けて通学させる市町村が多く見られる。
一方で、不審者に対し新1年生と知らしめることにもなるとの理由で、名札の廃止と同時にカバーを掛けさせないことを推奨する地域もある。
欧米の学校でも似たようなものが使われている。
ただし、ドイツの通学かばんSchulranzen、
オランダの通学かばんBoekentasなど、日本のランドセルに比べて素材は質素で軽いものが多い。

現在、国内でも様々な形・色のランドセルがありますが、小学校で6年間ほぼ毎日使用するものなので購入される際の参考にしてくださいね!

《バックナンバー》
☆2018年3月〔オリンピックについて〕
☆2018年2月〔集中力を上げる方法〕
☆2018年1月〔箱根駅伝について〕
☆2017年12月〔暖房器具について〕
☆ 2017年11月〔りんごについて〕
☆ 2017年10月〔スポーツの秋〕
☆ 2017年9月〔秋バテについて〕
☆ 2017年8月〔規則正しい生活について〕
☆ 2017年7月〔夏野菜について〕
☆ 2017年6月〔カビについて〕
☆ 2017年5月〔こいのぼりについて〕
☆ 2017年4月〔春の風習(お花見花祭り)について〕
☆ 2017年3月〔桜前線について〕
☆ 2017年2月〔健康的な食生活と脳の活性化〕
☆ 2017年1月〔七草粥について〕
☆ 2016年12月〔アルコール消毒・保湿の効果〕
☆ 2016年11月〔寒い朝でもスッキリ起きる方法〕
☆ 2016年10月〔体育の日について〕
☆ 2016年9月〔お月見について〕
☆ 2016年8月〔夏の野菜について〕
☆ 2016年7月〔傘について〕
☆ 2016年6月〔梅について〕
☆ 2016年5月〔母の日の由来〕
☆ 2016年4月〔呼吸と心理状態の関係性〕

お知らせ一覧へ

資料請求 無料体験 教室検索

資料請求

無料体験

ページの先頭へ戻る