CGパーソナル - 神奈川県・横浜市の個別指導塾

2019年04月22日
CGパーソナルスタッフNEWS!

 学校や会社などで、私たちの生活に関わる多くの場面で、新しく年が始まるのは4月1日です。これを「新年度」または「年度始め」といいますがなぜなのでしょうか?

今回は新年度、年度始めについてお話します。

多くの場合用いられているのは、官公庁などが予算を執行するための期間である「会計年度」、学校など学年の切り替わりを目的とした「学校年度」です。会計年度と学校年度はどちらも4月から3月までを区切りとしています。

会計年度とは・・・

会計年度は明治19年(1886年)に始まりました。当時、日本の主産業は稲作でした。政府の主な税金収入源が農家のお米だったのです。納税はお米でなく現金だったので、農家が秋にお米を収穫し、それを現金に換えて納税し予算を編成すると、1月では間に合わず、4月からとするのが都合がよかったそうです。また、当時世界一の経済力を誇ったイギリスの会計年度が4月からでした。当時イギリスに倣って会計年度を4月からにしたとも言われています。

 

学校年度とは・・・

江戸時代の寺子屋や、明治時代初期の学校では、入学時期や進学時期は決まっていなかったそうです。いつでも入学できるし、一斉に学年が進級することもありませんでした。しかし、大学ができると外国に倣って「一斉入学・一斉進級」にしたほうがいいということで、9月から8月という区切りを作りました。

明治19年(1886年)に会計年度が始まり、明治の終わりごろになると国が積極的に学校年度の統一を指導するようになり、国や県から補助金をもらっている学校は会計年度に合わせて4月入学に変えていきます。昭和に入るとほぼ全ての学校で4月始まりに統一されたと言われています。

 

このように昭和に入ってほぼ統一され、戦後、新卒の一斉就職が一般化し、それに伴い民間企業もほぼすべてが4月からを新年度としました。しかし、多くの先進国では9月が新年度になっています。日本でも、学校年度は9月からにしたほうがいいのではないか?という話もあるようですが、どうなっていくのか見守りたいです。

 

お知らせ一覧へ

資料請求 無料体験 教室検索

資料請求

無料体験

ページの先頭へ戻る