CGパーソナル - 神奈川県・横浜市の個別指導塾

おまもりナビ

2022年6月27日 カテゴリー:大学受験お役立ち情報

文系・理系の選択

 高1の高校生活スタートから3カ月近くが経ち、中間テストも一段落。そろそろ夏休みも見えてきました。この時期から考えておかなければならないのが、「文系・理系の選択」です。この時期、多くの高校1年生が将来の進路を決めきれないのが現実です。しかし、2年生の履修科目も考えておかねばならないため、文理の選択は避けて通れません。

①好きな科目で考える

「好きこそものの上手なれ」ではないですが、好きなことには誰しも夢中になれるはずです。好きな教科・科目・分野で方向性を考えてみるのがお奨めです。

②文系・理系は決まっているが、苦手科目がある

文系に決めているけれど古文が苦手、理系に進みたいけど数学が苦手、などの悩みがある人も多いと思います。

「苦手科目 < やりたいこと」です。

苦手な科目があっても、将来の夢や目指したいことがはっきりしているならば、やりたいことを優先する方が悔いは残りません。夢や目標のためにしっかりと苦手科目も克服する、こういったこともきっとできるはずです。

③オープンキャンパスへの参加

「百聞は一見に如かず」です。実際に大学を見学し、模擬授業を受けたりすることで、将来の進路をはっきりとさせましょう。部活で忙しい人も、この夏休みがチャンスです。大学のホームページなどで日程や内容を事前に調べ、予約が必要な場合もありますので、早めに動くようにしましょう。頭の中であれこれ考えたり想像しても、結論は出ません。行動に移すことが大切です。

将来のことはまだまだ先のこと、と考えずに「大学受験は3年間の集大成」でもあります。今できることをどんどん行動に移しましょう。わからないことや相談は、進路指導の先生や塾の先生に質問しましょう。

中萬学院 個別指導事業部 加藤寛樹

Pocket

資料請求 無料体験 入塾申込 教室検索

資料請求

無料体験

入塾申込

ページの先頭へ戻る