CGパーソナル - 神奈川県・横浜市の個別指導塾

おまもりナビ

2022年5月31日 カテゴリー:生活面子育て

反抗期の子どもの心理

 思春期の子どもは、大人からすると何に関しても反抗的な言動を示すように見えるかもしれません。子どもにとって自分自身が抱えているものが沢山あることで手一杯な時に、大人からいろいろなことや頭ごなしに言ってくることに対して、つい頭にくる、という状況なのです。

特に勉強については、反抗的な態度が顕著になります。

「宿題やったの?」「勉強しないの?」「受験生なんだから~」・・・というような発言を子どもにした親御さんも多いのではないでしょうか。

親からすると、ご自身の経験や社会人としての常識から、現状のままではこの先上手くいかない、このままだと大変なことになる、というような見通しがたつわけです。そうなると心配のあまり、ついついいろいろなことを子どもに言ってしまい、その結果険悪な親子関係になってしまった、というようなお話を教室の保護者面談ではよく聞きます。

子どもからすると、お父さんやお母さんは「家族」であって「先生」ではないのです。家族の一員が勉強のことをとやかく言ってもなかなか響かないのは、そこに原因があります。そうは言っても、ご両親が心配されることはその通りのことがほとんどであり正論です。しかし、子どもにとっては、何を言われたか、ということよりも誰が言ったか、ということが大きいのです。

このように「親の言うことを全く聞かないんです」といったご相談の時に私がアドバイスをしていることがあります。

子どもに勉強や学習のことを言う際には、主語を「先生が」にしていただきたいのです。例えば「先生が、しっかりと宿題をやっているか気にしていたわよ」「先生からキチンと毎日机に向かっているか電話があったよ」など。実際に話しているのは親であっても、内容については「先生」が言っていることですので、親に反抗しても仕方がないわけです。

また教室でも、保護者との面談で普段の家庭生活・学校生活について伺います。そうすると、様々な課題や改善点が見えてきます。それを生徒との面談で改善を促したりアドバイスをしたりするのです。私達、教室長は父親母親ではありませんが、「教室長」という存在です。子どもから見れば「先生」なのです。先生は、勉強に対するプロでもありますから、子どもたちは意外と素直に言うことに従います。

その際、最も効果的なのは、教室での面談を保護者と本人含め3者面談で行うことです。そうすると、同じ話を親子で同時に聞くだけでなく、学習面の改善の約束などもすることができます。その結果、自宅に帰ってからも、勉強に対して「あの時、教室長と約束した」という視点で親御さんからも指摘ができるわけです。

勉強面や受験については、保護者の方もご自身の経験をお持ちでしょうが、刻々と変化する受験事情や教育環境については、CGパーソナルの室長は様々な引き出しを持っています。どんな些細なことであっても、是非教室長にお気軽にご相談いただきたいと思います。

中萬学院 個別指導事業部 加藤寛樹

Pocket

資料請求 無料体験 入塾申込 教室検索

資料請求

無料体験

入塾申込

ページの先頭へ戻る